So-net無料ブログ作成
検索選択

退任発表 [コンサドーレ札幌]

さて、土曜日の試合のあとの会見で、三浦監督の退任の話が正式に出たわけだが。
自分としては何を今更って感じだったんだが、来季の監督はしませんって発表だったわけね。つまりHFCは来季も続投の要請をしていたという話なわけだ。それはちょっと納得出来ないってのが正直な感想だ。今シーズン途中、J2降格がほぼ決定的になった時点でも残りの試合も三浦監督と心中するみたいな発言に続き、来季の続投要請ですか。
社長はなかなかユーモアのある方みたいですね。

確かに2007年のJ2優勝、昇格を考えると功労者である事には変わりはないと思う。「今年はケガ人続出で、戦力が整わなかったから誰が監督やっても同じような結果になったと思うから、三浦監督一人のせいにするのはどうなんだ?」って話もあるが、戦術、采配に柔軟性がないせいで、J2時代の終盤にゾーンディフェンスの弱点を突かれてなかなか勝てなかった事や、その弱点を何も改善しないまま今年も同じような失点をズルズルと積み重ね、何も進歩しないまま早々と今シーズンを終わらせてしまった事については、去年功労者であった事とは関係ないと思うのだが。
監督と良好な関係を作っておきたいとかなんとかあるとしても、その前にお互いプロ同士、数字と成績の結果に対してはシビアになってもらわないと。慈善事業じゃあるまいし。


〜ここから先は、オレの勝手な妄想〜

HFCの話を聞いていると、彼らが戦う集団であるとはとても思えない。今回の続投要請だって、本気でしていたのかどうか。「三浦監督が辞任するのを前提で取り敢えず続投要請しておけば、フロント陣の責任問題にはならないんじゃないか」みたいなイヤラシい考えだったんじゃないかと思ってしまわなくもない。
戦術はどうあれ、三浦監督はなんだかんだいってプロだとは思う。結果が出なかった事の責任は感じているはずだ。その周りを「何か変な事言っちゃって、監督の機嫌を損ねたらどうしよう」とか「シーズン途中で監督更迭して新監督連れてきても、負け続ければフロントに批判の矛先が…」みたいな安っぽい自己保身ばっかり考えてオタオタしてる決断出来ないダメフロント陣みたいな悪い印象しかない。

〜以上、妄想終わり〜


いずれにしても決定したんだから来季の監督を早く決めて、新体制の準備をとっとと終わらせないと。スポーツ新聞では根拠があるのかないのか知らないが、それぞれ好き勝手な事を記事にして賑やかだし。オレみたいなド素人がギャーギャー文句垂言ってる間に、水面下ではHFCが着々と来季の準備が進めている事を願う。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。