So-net無料ブログ作成

Pismoが危篤状態 3 [PC(主にMac)]

つづき

いまいましいWindowsでネットを徘徊してみてた。ブラウザはもちろんSafariだ。ところでWindows用のSafariってイマイチ重いような気がするのはオレだけだろうか?

Pismoの不具合を色々調べてみた結果、やっぱりもうアウトみたいだ。同じ症状が出た人のサイトやらなんやらを拝見してみたら、ほとんどの人は修理に出してCPU回り全取っ替えとか、諦めて新機種に買い替えという顛末になっている。しかもそのサイトといっても、まだAppleがサポートしていた頃(2006年まで)の記事が多い。
今でも修理専門店に持って行ったり、自分でジャンクものを探して交換してみれば直るかもしれないけど、今更8年前のパソコンを金をかけて修理する気には到底ならないし。

最後の悪あがきで、ドーターカードを外してみることにした。失敗して壊れちゃったとしても、もう壊れてる訳だから躊躇なく解体してみよう。電源、バッテリーを外し(内蔵電池はめんどくさいからそのまま)、キーボードを外して、CPUの上のカバーを外して、表側のメモリを外して、ヒートシンクごとドーターカードを外しちゃうわけだ。久々に内部をのぞいてみたら、いやぁ、ゴミだらけだ。そのうち燃えちゃいそうだ。ドーターカードを引っこ抜く為の半透明のベロも、経年劣化で糊が効いてなくてベロだけ取れちゃうし。竹製の耳かきとアイスクリームを食べるときの木べらが重宝しますよ。ヒートシンクが邪魔くさくて難儀な作業ですが、根気よく外しましょう。
外して基盤をあれこれ見てみたって、何がなんだか訳がわからないし。ド素人の目視で何とかなるくらいなら、誰も苦労しないっちゅーの。取り敢えずゴミだけ掃除して、元に戻すことにした。復旧するときは案の定カード裏のソケットにウマくハマってなくて、電源が入らなかったし。ソケットにハマってないと「ジャ〜ン」という起動音が鳴らないのか。自らの手でトドメをさしてしまったと思いちょっと焦ったが、caps lockやらnum lockのキーを押すとちゃんとキーは点灯するので、もう一度バラしてカードをハメ直した。ハマるときはちゃんとハマる感触があるので、カードの位置を微調整して根気よくハメましょう。

そんなこんなで何とか復旧して電源を入れてみたら取り敢えず起動した。心配してたカーネルパニックパニックが発生する前に、システムプロファイラで2次キャッシュの状態を調べてみたら、あら不思議、1MB認識してるではないか!!!!

いやぁ、びっくりした。ってことはどこかの接触が悪かっただけなのだろうか?
昔の漫画やコントでテレビの写りが悪いと、右45度の角度でひっぱたくと直るみたいな感じだろうか。21世紀の工業製品がこんなことでいいのだろうか。まぁ、いいや。取り敢えず直ったのだから。

といっても、取り敢えず動いてるだけみたいなものだし、そろそろ本気で新機種の購入計画を考えないとなぁ。またいつ壊れるかわからないし。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

HarryTuttle

 ご無沙汰です。やりましたな。
やはり埃は禁物のようですね。私の私用のeMacは半年ほど前、内部に埃がたまって放熱が悪くなり、ロジックボードが丸ごとおシャカになりました。(アップルケアがギリギリ有効だったので金銭的には助かりましたが)

 本体の乗り換えはアプリやアドオンなどの追加出費もバカにならないので直して使えるのならばそれは結構ですが、私のようにロクでもない動画をバンバンダウンロードする不届き者にとって現行スペックは結構有り難いです。
by HarryTuttle (2008-12-01 17:21) 

たくぞう

HarryTuttle様、コメントありがとうございます。
私も動画をダウンロードしたいのですが、この旧機種じゃ荷が重すぎます…。只今新機種の購入検討中です。
モデルチェンジ間近のiMacを買うか、新型のMacBookを買うか…。
by たくぞう (2008-12-03 23:43) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。